2.育毛シャンプーとシャンプーの違い

女性用の育毛シャンプーという言葉が、テレビや雑誌などのメディアを通じて知られるようになってきています。しかし、普通に市販されている安価なシャンプーとの違いを説明出来る人は案外少ないのではないでしょうか。

育毛シャンプーと安価なシャンプーの大きな違いは、洗浄成分です。安価なシャンプーには化学合成物質である石油系の洗浄剤が使われています。価格を抑えることができるのと、洗浄力の高さが特徴です。育毛シャンプーは大半にアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。洗いあがりが優しいため、頭皮に与える影響が少ないことと、うるおいを残してくれる特徴があります。石油系の洗浄成分はその洗浄力の高さから、皮脂や油分といった本来必要な成分までも洗い流してしまうため、かゆみやフケや炎症などの頭皮を傷める問題の原因となることもあるのです。

育毛シャンプーは、シリコンが入っていないものが多かったり、植物系のエキスや美容に有効な成分が多く含まれているのが特徴です。アミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーと呼ばれることもあります育毛剤のように発毛促進の効果がある訳ではありませんが、頭皮の環境を整えることで人が本来持っている発毛力を取り戻すという考えに基づいています。シャンプーに含まれている石油系の洗浄成分で頭皮が弱ってしまったり、シリコンコーティング剤の影響で毛穴がふさがってしまっていることを原因としたかゆみやフケや炎症の問題は、育毛シャンプーに変えることで改善される可能性があります。

詳しい情報はこちら


Copyright (C) 2013 育毛シャンプー情報 All Rights Reserved.